安全で正確なロボットの位置決め

航空機の胴体などの大型部品の 高精度加工や 協働ロボットとして 作業員と直接連携して 位置決め作業を行うなど ロボットに求められる要求がますます厳しくなっています。こうしたアプリケーションでは、ロボットアームの正確なモーション制御が 重要な要素になります。ロボティクス用に特別に設計された 、ハイデンハインとAMOの新しいエンコーダにより アプリケーションの範囲を広げるのに必要なモーション制御が可能です 。

当社のロボティクス用エンコーダの見どころ:

デュアルエンコーダKCI 120 Dplus: モータフィードバックと位置測定を1台のエンコーダに集約

KCI 1300とKBI 1300: 小型サーボモータ対応のコンパクトで軽量なエンコーダ

イノベーション: 2台のエンコーダをひとつに集約

新しいハイデンハインのデュアルエンコーダKCI 120 Dplus は、1台のエンコーダで モータフィードバックと 位置測定を行います。減速機の出力軸の位置を測定することにより 、KCI 120 Dplus は、動的で極めて 操縦性に優れたロボットにおいて 設計上の 誤差を補正します。例えば、 シリアルリンク式 多関節ロボットは、 最高6軸になることもあり、各軸が 最終的な 精度に影響します。

  • 各軸は、ギアシステムを経由してサーボモータで駆動されるため、 ゼロポジション誤差、反転誤差、そしてジョイントの弾性の 影響を受けます
  • 加工時に加わる力と 動的影響により、 位置精度がさらに制限されます。

サイズ形状を最適化した第2世代

エンコーダKCI 120Dplusのデュアル機能は、2枚の目盛ディスクとそれらに挟まれた走査ユニット1個により実現し、さらに小型で取付けが簡単になっています。

KCI 120Dplusの第2世代はそのサイズ形状をさらに最適化しました。機能を損なうことなく、小型化と大口径シャフトへの対応を両立しています。

機能安全対応のEnDat 2.2ピュアシリアルインターフェースにより、協働ロボットのような安全アプリケーションに搭載することも可能です。

コンパクトなロボットモータ用ロータリエンコーダKCI 1300およびKBI 1300

ハイデンハインのインダクティブロータリエンコーダの長所を活かす: コンパクトなロボットモータ用KCI 1300およびKBI 1300。走査ヘッドに加えて、これらの型式には、目盛ディスクをねじどめするバージョンと圧入するハブ付き目盛ディスクのバージョンがあります。

メリット:

  • 超薄型 かつ軽量
  • 汚れと磁場の影響を受けにくい
  • 取付け公差が大きいため 取付けが簡単
  • 安全な機械的取付け
  • 機能安全対応のEnDat 2.2ピュアシリアルインターフェースによる安全なデータ伝送
  • 外付けの温度センサによる 過負荷保護が可能

これらの特徴によりKCI 1300とKBI 1300はロボットの小型サーボモータに最適なロータリエンコーダです 。

多関節ロボット用高精度モーション制御

高精度位置測定用セカンダリエンコーダ

ロボットメーカーは 各ロボット軸に高精度角度エンコーダを追加することにより、絶対位置精度を大幅に向上することができます。モータの減速機の出力軸に取付けられた 、セカンダリエンコーダは各ロボットジョイントの実際位置を測定します。

このアプリケーションに最適なのはAMO のWMRAのような組込み型角度エンコーダです 。目盛ドラムもしくは目盛リングと走査ユニットで構成される モジュール設計により 大口径シャフトで 取付けが困難な場合にも対応できます 。AMOの目盛リングWMRAは 、各種直径を選択することができます。

ハイデンハインとAMOの高精度ロボティクスソリューションをさらに詳しくご紹介します。

こちらもご紹介しています

ロボティックスに関する技術レポート

ハイデンハインとAMOのエンコーダが産業ロボットのツールセンターポイントでの精度をどのように向上させるかを紹介しています。
ダウンロードはこちら

アドバンスド・ロボティクスに関するフライヤー

当社のロボティクス用エンコーダの概要、デュアルエンコーダ、セカンダリエンコーダ、サーボモータ用エンコーダ、そしてリニアエンコーダについて掲載しています。
ダウンロードはこちら

当社のロボティクスページ

当社のソリューションとロボット設計の最新トレンドと未来像についての概要を紹介しています
当社の産業別サイトはこちら

特別仕様のエンコーダ

ロボティクスに最適な多くの強力なソリューションを紹介しています。
マイクロサイトはこちら